1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ・全投稿
  4. 静岡県熱海市の土砂崩れと、脱炭素のメガソーラー・盛土の関係

BLOG 

ブログ一覧

ブログ・全投稿

静岡県熱海市の土砂崩れと、脱炭素のメガソーラー・盛土の関係

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★

轟音、住宅や車のみ込み海まで土砂 熱海の土石流 ※2021年7月3日 産経新聞 ・引用・参照・抜粋

静岡県熱海市伊豆山地区で3日に発生した土石流は轟音(ごうおん)を上げながら多数の家屋や車をのみ込み、一部が海に流れ込んだ。

茶色く濁った土砂が道路を埋め尽くし休日の観光地は一変。間一髪で難を逃れた住民らは連絡の取れない家族らの安否を気遣い、避難所などで眠れぬ夜を過ごした。

 

 

●メガソーラーとの因果関係

メガソーラーとは、1MW以上の出力を持つ太陽光発電システムのこと。主に自治体、民間企業の主導により、遊休地・堤防・埋立地・建物屋根などに設置されている。
(「環境ビジネスオンライン」引用、https://www.kankyo-business.jp/dictionary/003657.php)

 

近年の土砂崩れの増加とメガソーラーの設置の因果関係が、以前からネット上では指摘されていましたが、個人的には無関係では、無さそうに思います。

メガソーラーの設置、運営者が定められた基準をクリアしている前提で考えますと、そもそもメガソーラーの設置基準に問題があったように思います。

ほんこんさんは、「盛土なら、人災では?」とツイートされてます。

●山側の住宅地、崖、斜面の不動産取引の制限が強化されると予想します

2011年3月11に東北地方で発生した東日本大震災以来、不動産の売買取引において水害に関する説明項目が追加されましたが、

近年の土砂災害の増加により、山側の不動産崖や斜面の不動産に関しても、今後説明義務が追加されると予想されます。

深読みしますと、山側の不動産等の評価額、相場に影響する可能性が、非常に高いです。

●そもそも地球温暖化自体が、人間のせいではなく地球の周期的な現象と思います。

CO2を減らそう、地球環境が大事だ。脱炭素社会を目指すんだ!】このワード自体は、100%正しく、誰も反論できません。

【父母に感謝しろ!】このワードも誰も反論できません。

【泥棒にも事情があるんだ】、【性犯罪者にも事情があるんだ】【日本と韓国は、仲良くせなアカン】これらのワード自体は前向きで、ワード自体、考え方自体に問題は無いです。

【日本と韓国は、仲良くせなアカン】について、韓国は【竹島を不法占拠し、仏像を盗み、朝鮮人戦時売春婦問題を捏造しヤカラで金儲けしてます。

前向きな発言イコール正義では無く、よくよく意味を考えなければいけません。

前向きな勇ましい発言や行動が全て正しいとされるならば、太平洋戦争で日本は敗戦することは無かったでしょうね。

会議で責められることを避けるために、【他人を巻き込んで勇ましいポーズをとる】。このようなバカな上層部がいたから日本は太平洋戦争で敗北しました。
馬鹿な大将敵より怖い)(百害あって一利なしの何も専務と韓国

恐竜が生きていた期間が1億6000万年だそうです。それに対して、人類が誕生したのが、700万年前です。

人類よりも数20倍以上長く繁栄してきた恐竜時代の地球は、今よりも、もっと温暖化だったそうです。

【CO2を減らそう、地球環境が大事だ。脱炭素社会を目指すんだ!】これ自体が、中身が伴わない環境利権だと思っております。

冬場に『地球温暖化は異常だ』言って、自分自身はしっかりと温かい服装をしているヒトは、滑稽に見えます(笑)

★☆★☆★☆

◆任意売却実務リンク◆
 
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク1▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク2▼

 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します』

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

関連記事