1. HOME
  2. ブログ
  3. わかりやすい任意売却
  4. 任意売却後、連帯保証人はブラックになるの?【任意売却 関西】

BLOG

ブログ

わかりやすい任意売却

任意売却後、連帯保証人はブラックになるの?【任意売却 関西】

おはようございます。

不動産、任意売却、住宅ローンコンサルタント、ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

▼よくある質問②

任意売却をすれば、連帯保証人の個人信用情報(個信)は、ブラックになるの?
個人信用情報にキズが付くの?

結論を先に言いますと、
任意売却をしても、連帯保証人の個人信用情報は、
ブラックになりません傷がつきません)。

豆知識
個人信用情報の代表的な機関
⇒CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
⇒JICC(株式会社日本信用情報機関)

任意売却をしても、連帯保証人に関しては、
ブラックにならないって、どうしてそのような事が言えるのか?

⇒任意売却後、連帯保証人の個人信用情報が、ブラックにならないのは、
銀行、サラ金、債権回収会社の方に確認しました。

◆任意売却後、個人信用情報が、ブラックになる or ならないは、
個人信用情報機関の情報であり、法的な事柄は、一切関係ございせん
弁護士や司法書士に確認すると、ブラックになると言われると思いますが…

※その他の注意事項としましては、連帯保証人連帯債務者は、別物だという点です。

連帯保証連帯債務書

住宅ローンに関しては、
大部分が、連帯保証人ですが、
たまに、連帯債務者のケースがあります。
↓↓↓↓↓
連帯債務者の任意売却後の個人信用情報については、
金融機関によって、解釈が分かれました。

連帯債務者の任意売却後の個人信用情報については、
ブラックになるのか、ならないのかは、断定できません。

極論しますと、
連帯保証人は、任意売却
住宅ローンの残債が残っていても、クレジットカードを作れます

しかし、
連帯保証人に対する債権自体が、
無くなったワケでは、ございません

自己破産などの法的措置をしなくても、
可能性は非常に低いですが、
連帯保証人が、新たに、住宅ローンを借り入れできる可能性もあります。
しかし、非常に大きな注意が、必要です。

連帯保証人の注意すべき事項は、
ブログ【離婚した元嫁が、連帯保証人の場合】で解説します。

それでは、また!
今後とも宜しくお願い致します。

▼参考リンク
●離婚した元嫁が連帯保証人の場合


●任意売却後の住宅ローンの残債①
●任意売却後の住宅ローンの残債②

●最速の復活法

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

設立  平成23年3月
宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(2)第55725号
所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会
ホライズン インベストメント
代表 村角 壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、
不動産総合クリニックを目指します』

 

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

関連記事