1. HOME
  2. ブログ
  3. わかりやすい任意売却
  4. 任意売却を開始するスケジュール

BLOG

ブログ

わかりやすい任意売却

任意売却を開始するスケジュール

おはようございます。

不動産、任意売却、住宅ローンコンサルタント、ホライズンインベストメントのMURAです。

【任意売却】を【開始するスケジュール】についての動画です。
↓ ↓ ↓ ↓

今回は、【任意売却】を【開始するスケジュール】について解説します。

3つポイントを上げます。

①住宅ローンを期日通りに支払っている
②住宅ローンの支払いが滞っている
⇒どれくらいの期間、住宅ローンが滞っているのか?
③債権者より【競売】を申し立てられている。

__________________

▼①住宅ローンを期日通りに支払っている
※住宅ローンを期日通りに支払っている場合は、任意売却の活動をスタートするまでに、最短で【約6ケ月】かかります。

売主様(債務者)は、住宅ローンを借入している銀行(債権者)に対し、【期限の利益】を与えられてます。

【期限の利益】とは、債務者(売主)が、期限通りに分割弁済できる権利です。(債務者を保護するために与えられた権利)

住宅ローンにおける【債務者】の【期限の利益】は、【6ケ月】です。

※住宅ローンの支払いが、困難になった後の流れ
↓ ↓ ↓ ↓
【期限の利益】が【喪失する】⇒ 【住宅ローンの債権】が、住宅ローンを借入した【金融機関】から、【債権回収会社】に【債権譲渡】される ⇒【債権回収会社】と【任意売却】を進める。

※【期限の利益】が喪失するのが、住宅ローンを滞納してから、約6ケ月後です。

(【期限の利益】が【喪失】した【6ケ月後】に、【債権回収会社】と【任意売却】の進め方について、交渉することになります)

______________

▼②住宅ローンの支払いが滞っている
※住宅ローンの支払いが滞っている場合は、住宅ローンが滞っている期間により、任意売却をスタートする期間が異なります

●たとえば、現在、住宅ローンを3ケ月滞納している場合
↓ ↓ ↓
【期限の利益 6ケ月】 - 【住宅ローン滞納 3ケ月】 = 3ケ月後の任意売却のスタートとなります。

__________________

▼③債権者より【競売】を申し立てられている。
※債権者より【競売】を申し立てられているのは、一番最悪なパターンですが、まだ可能性は残されております。

早急に任意売却の手続きが必要です。すぐにご相談下さい。タイムオーバーで、【任意売却】が出来ず、【競売】になる可能性がございます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

大まかな、任意売却の活動は、下記のスケジュールになります。
↓ ↓ ↓ ↓ 
①任意売却活動スタート
②不動産・販売活動
③債権交渉
④買主様内覧
⑤不動産売買契約
⑥お引越し

※任意売却活動をスタートしてからは、だいたい2~4ケ月で任意売却を完了すできるケースが多いです。

ゆえに、現在、住宅ローンを【滞納している】、もしくは、【滞納していない】によって、任意売却を【スタートできる時期】が、変わります。

もう少し具体的にお聞きになりたければ、お気軽に、ご相談下さいませ。もちろん相談無料です。

 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

設立  平成23年3月
宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(2)第55725号
所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会
ホライズン インベストメント
代表 村角 壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、
不動産総合クリニックを目指します』

 

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

関連記事