1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ・全投稿
  4. どうなるの?任意売却後の住宅ローンの残債!再出発はどの方法が有利?

BLOG 

ブログ一覧

ブログ・全投稿

どうなるの?任意売却後の住宅ローンの残債!再出発はどの方法が有利?

おはようございます。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆

●任意売却後の住宅ローンの残債について

任意売却が完了した【】の住宅ローン】の【残債】について、ベストな対処方法をご説明させて頂きます。

【任意売却後】の【住宅ローン】の【残債】について、ゆっくりと解説した動画を作成しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

 

●本音で解説 残債の対処方法

▼任意売却
残った住宅ローンの【残債】の対処方法

(1)住宅ローンの残債の減額交渉をして、少しずつ返済する。

任意売却を検討している不動産以外に、
他に大きな資産を所有されていなければ・・・

任意売却、債権者に対し、残債務の減額交渉をして残債務を無理の無い範囲で、少しずつ返済していくことが可能なケースが大半です。

※月々 3,000円 ~ 20,000円程度

(2)法的整理
(個人再生・自己破産等)

いち早く、再スタートをするために、自己破産などの法的整理を検討する。

非常に良心的で、融通の利く先生をご紹介可能です

相談無料。

ちなみに、自己破産の費用の目安は、15万~20万が一般的です。

●極論

※極論を言いますと、
任意売却後の住宅ローンの残債につきましては、

①減額交渉をして、少しずつ返済する。
(債権者と和解)

②法的整理をする。
(自己破産 or 個人再生)

↑上記の二択になります。

①任意売却後 ⇒ 減額交渉

▼上記①②のポイント

減額交渉をして、少しずつ返済する。

▼任意売却をした不動産以外に、他に大きな資産を所有されていないか

1.任意売却した物件以外に他に資産を所有していない場合

⇒住宅ローンの残債の【減額交渉】や【和解交渉】が可能です。

 

2.任意売却した物件以外に他に資産を所有している場合

⇒債権者が強気で、債権回収してくる可能性がございます。 

②任意売却後 ⇒ 法的整理

法的整理をする

もし法的整理をご検討ならば、個人再生】よりも【自己破産】の方が、メリットが大きいです。


経済面で検討しますと、自己破産の方が、最速でリセットできます

しかし、職業上、自己破産が難しいケースがあるのも事実です。

※豆知識

自己破産手続き後、免責が許可されればすぐに法人を立ち上げることも、取締役になることも可能です(職務上の制限がある場合を除きます)。

小規模個人再生の場合は、支払い途中でも法人を立ち上げることも、取締役になることも可能です。

給与所得者自己破産する場合は、司法書士などへ退職金額を説明できるエビデンスが必要になるが、必ずしも会社の押印などが必要なワケでは無いので、司法書士などに退職金額のエビデンスが説明できれば、会社にバレずに自己破産できるケースが多い。

大手法律事務所が、立場上、アドバイスしにくいことでも、

売主様の立場に立って知恵を絞って、全力でアドバイスさせて頂きます。

秘密を厳守し、最善を尽くします。
お気軽にご相談下さいませ。

↓離婚した元嫁が連帯保証人の場合↓

※参考リンク
⇒トランプ大統領に学ぶ生き残り戦略
⇒本当は怖い税金の滞納

▼参考リンク▼

債権回収会社から、ダイレクトメールが来た!

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒任意売却の住宅ローンの残債①

◆任意売却実務リンク◆
 
 
 
 
 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角 壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します』

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

関連記事