1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 任意売却スキーム
  4. 離婚した元嫁が、連帯保証人の場合【任意売却事例 関西】

WORKS

実績紹介

任意売却スキーム

離婚した元嫁が、連帯保証人の場合【任意売却事例 関西】

おはようございます。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

●元嫁が連帯保証人のケース

離婚した元嫁が、連帯保証人の場合で、住宅ローンの支払いが、苦しくなって、任意売却を検討しているケースの対策スキームを取り上げます。

●①連帯保証人からの除外

◆対策スキーム◆

離婚した元嫁連帯保証人から、除外できるのか(?)を、住宅ローンを組んでいる銀行に相談しましょう。

⇒今まで、支払いが遅れていない場合、30万円程度のお金を支払って、離婚した元嫁連帯保証人から、除外することが出来たケースが、ございます。

●2つのパターン(①債務の減額交渉 ②法的整理)

②離婚した元嫁連帯保証人から、除外することが出来なかった場合

⇒②-1
主債務者であるご主人が、任意売却債務の減額交渉をして、月々数千円~数万円程度支払っていく。

⇒②-2
任意売却法的整理を検討する。ご主人様&奥様の片方だけ、もしくは、両方とも

主債務者のご主人&離婚した元嫁の収入にもよりますが、もし、離婚した元嫁が、どうしても、今現在の生活を守るために、昔の住宅ローンの連帯保証の債務がご心配ならば、

任意売却、離婚した元嫁に対し、いくらかの資金を渡して、法的整理(個人再生or自己破産)を検討する。

自己破産の費用は、一般的に15万~20万程度です

融通の利く、良心的な法律事務所の紹介も可能です

もし、法的整理をご検討されるなら、個人再生よりも自己破産の方が、個人信用情報が、クリーンになる期間を短縮できます。

個人再生よりも、自己破産の方が、物理的な面でメリットが多い。早く復活できます

●任意売却後の残債務について

主債務者であるご主人&離婚した元嫁も含めて、任意売却後の残債に関しては、大まかには下記の2パターンになります。

①残債務の減額交渉をして支払っていく。
法的整理を検討する(自己破産・個人再生)。

①②の場合は、離婚した元嫁は、今現在の生活を守ることが出来ますし、仮に、元旦那が、『残債を支払っていく』と書面で約束したところで、

結局、諸事情で、元旦那が残債を支払えなくなった場合は、連帯保証人である元嫁に対して、請求が来ることを頭の片隅に入れておくべきです。

↑の万が一のケースを想定されて、身の振り方を考えるべきと思います。

それでは、また!
今後とも宜しくお願い致します。

お気軽にご相談下さいませ。

 

◆任意売却実務リンク◆
 
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク▼

 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角 壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します』

 

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

実績紹介