1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 任意売却スキーム
  4. 【住宅金融支援機構】の任意売却 

WORKS

実績紹介

任意売却スキーム

【住宅金融支援機構】の任意売却 

おはようございます。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

▼【住宅金融支援機構】の
任意売却についての解説します。

【住宅金融支援機構】で、
住宅ローンを融資を受けておられる方は、非常に多いです。

数学で考えますと、
住宅ローンの件数が多い = 不良債権化する件数も多くなる。
↓ ↓ ↓ ↓
住宅金融支援機構の任意売却につきましては、
【住宅金融支援機構】の
【所定の書式で事務的な書類】を
提出するなどの、ルールがあります。

(任意売却業務を受けている業者からすれば、
事務手続きや報告書が、他の金融機関よりも、若干手間がかかります)

【住宅金融支援機構】の【任意売却】は、
多くの場合、下記の①~③に、
【債権者側】の【窓口業務】を委託されてます。

①住宅債権管理回収機構
②エム・ユー・フロンティア債権回収
③日立キャピタル債権回収

※上記の①~③の【債権者側】の
【窓口業務】を委託された会社と、

【債権交渉を上手にススメられるか?】が、
一つのポイントになります。

(任意売却に不慣れな業者であれば、
大きなマイナスになります)

※【住宅金融支援機構】の【任意売却】について、
注意するポイントとしましては、

奥様や、奥様のお父様が、
【連帯債務者】になっているケースが、
多いように感じます。

大手法律事務所や大手不動産会社が、
アドバイスしにくいことでも、
全力ぜ知恵を絞ってアドバイスさせて頂きます。

また融通の利く【法律事務所】を
ご紹介することも可能です。
お気軽にご相談下さい。

_____

2020年3月現在の
【住宅金融支援機構】の【任意売却】でいえば、

本来であれば、
債権者側から分配案で許可される【売主様】の【引越代】などが、

減額されたケースが
ございました(苦々しい )

売主様にとっては、
【住宅金融支援機構】の【任意売却】だから、
特別に何かあるワケではございません。

若干の手間がかかる事務手続きも、
依頼される業者に任せれば良いと思います。

(依頼された業者の動きが悪ければ、
是非、弊社へご相談下さい (笑) )

それでは、また!
今後とも宜しくお願い致します。

お気軽にご相談下さいませ。

 

▼参考リンク

⇒任意売却連帯保証人はブラックになるの?

債権回収会社から、ダイレクトメールが来た!


⇒任意売却の住宅ローンの残債①
⇒任意売却の住宅ローンの残債②

⇒本当は怖い税金の滞納

⇒最速の復活法

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

設立  平成23年3月
宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(2)第55725号
所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会
ホライズン インベストメント
代表 村角 壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、
不動産総合クリニックを目指します』

 

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

実績紹介