1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ・全投稿
  4. 相続不動産の光と影!人口減少社会と不動産投資・家主業【相続】

BLOG 

ブログ一覧

ブログ・全投稿

相続不動産の光と影!人口減少社会と不動産投資・家主業【相続】

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★

●現地へ

最近【相続不動産】のご相談をお受けすることが多く、先日、法律事務所の士業の方と相続不動産の現地調査と相続人と方とヒアリングのために、相続人のお住いの場所へ訪問させて頂きました。

相続人の方が入院されていたり、遠方に住んでいたり、被後見人や被保佐人になっていたりするケースも増えているように思います。

ちなみに今回不動産を相続された相続人の方は、制限行為能力者である被保佐人の方でした。

※制限行為能力者とは・・・

制限行為能力者とは、法的に保護されたヒト。制限行為能力者が一人でできない行為を法的に定め、その行為をした場合は取り消すことができる。

●もし選べるなら…

不動産を相続する場合は、収益を生む不動産、具体的には賃貸で貸せる物件、家賃が入ってる不動産を相続すべきです!

▼相続不動産を、もし選べるなら下記ポイントを重視して下さい。

ファミリー型のマンション
40㎡~80㎡ぐらいの平家建て、もしくは2階建ての戸建て住宅(連棟式住宅も含む)。
→大きすぎる戸建住宅や、3階建戸建住宅はリフォーム費用が掛かる割には、賃料が上がらず収益面ではメリットが少ない。

●人口減少社会

人口が減っているので、不動産家主業(賃貸業)が先細りでは(?)との意見がありますが、私は全くそうは思いません。

不動産業だけが人口減少の影響を受けるワケではありません。人口減少の影響は、あらゆる業界が受けることになります。もちろん大病院も人口減少の影響を受けます。

夫婦2人家庭や、3人家族が圧倒的に多く、こじんまりと生活するスタイルが今後も多くなると思います。そこにターゲットを絞れば、不動産家主業、不動産投資業せ成功すると思います。

実際に不動産家主業は、毎月家賃が入る手堅いビジネスです。

大阪で言えば、郊外でも駅から近ければ、戸建賃貸でも十分賃貸が可能です。

→就職活動中の方へ

◆任意売却実務リンク◆

 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク1▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク2▼

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

大阪府堺市出身町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

関連記事