1. HOME
  2. ブログ
  3. 経済情勢
  4. 2019年の壁、その2【任意売却 関西】

BLOG

ブログ

経済情勢

2019年の壁、その2【任意売却 関西】

アメブロ(2019年の壁、その1)の続きのブログです。

ご覧になっていない方は、前回のブログを先に、ご覧になって下さいませ。

⇒アメブロの前回(2019年の壁、その1)
↓(続き)↓
なぜ、2019年の秋に、所有していた収益不動産を売却したかとと言いますと・・・

値打ちをコクまでも無く、単純に、2020年は、東京オリンピックが開催されるので、その前年の2019年が、株価、収益不動産のピークだと、個人的に予想していたからです。

仲の良い業者さんからは、
『もっと高く売却できたのでは?』と言われたのですが・・・

(本当に、2019年に不動産を売却して、良かったと思っております)
(あの時、売却していなかったら、私も、オーバーローンで苦しんでいたかもしれません)

組織内では、バカでも無能でも、仕事が出来なくても、仕事を何も専務でも、【空気を読むヤツ】が、出世しますが、実際の業務においては、【あえて空気を読まない勇気】も必要な気がします。

無茶な事を言っている友人がいた場合、『大丈夫ですよ』『がんばって下さいネ』ということは、非常に無責任に思います。
(↑の場合も、【あえて空気を読まず】、本音でアドバイスしてあげたようが良いでしょうね!)

______________

2012年の第2次安倍内閣から、日経平均株価、収益不動産の価格が、ジワジワと上昇してゆくのですが・・・

特に収益不動産に関しては、2016年頃から、業者間では、少し上がり過ぎでは・・・との意見を、よく聞くようになりました。

それもそのはず、銀行融資が緩くなったのを良いことに、短期の【キャピタルゲイン】狙いの変な業者が、増えたからです。
(この手の変な業者は、短期で儲けて、短期でやらかして、消えます(笑))

↑に加えて、都心部の不動産価格の上昇に、一役買っていたのが、【チャイナ パワー】です。

以前のブログでも、【チャイナ パワー】の良いところを、【パクりましょう】と書いています。

私の予想の結論から、先に言いますと、2020年の【コロナ ショック】で、日本の【インバウンド ビジネス】は、大打撃を受けると思います。

【チャイナマネー】が、日本に戻る、戻ら無いよりも、米中貿易戦争、行き過ぎたグローバル化の終焉で、世界の産業構造が、大きく変わるような気がします。

朝鮮半島に近い、長崎県の【対馬】では、韓国からの観光客をあてにしたため、その【インバウンド】が減少すると、経済的には、大きなダメージを受けました。

日本全国で、【対馬】のように【インバウンド】に期待しすぎて、その【インバウンド】が、減少した時に、大打撃を受けているのが、2020年の【コロナ ショック】です。

コロナ ショックを機に、観光政策の弱点が、見えました。

また、【カジノ】などの【複合型リゾート施設】の開発が、今後、頓挫するような気がします。

▼参考ブログ
・谷瀬の吊り橋(2017年10月)
・金融相場から想定する景気(2018年9月)

◆ホームページ
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

設立  平成23年3月
宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(2)第55725号
所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会
ホライズン インベストメント
代表 村角 壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、
不動産総合クリニックを目指します』

→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

関連記事