1. HOME
  2. ブログ
  3. 業務外・ブログ 全投稿
  4. 牛丼と景気・アフターコロナと飲食店【松屋 堺東】

BLOG 

ブログ一覧

業務外・ブログ 全投稿

牛丼と景気・アフターコロナと飲食店【松屋 堺東】

おはようございます。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★

●松屋フーズ

先日、ウォーキングしている時にお腹がすいてきたので、「松屋・堺東銀座街店」に行きました。

「松屋」と言えば、やっぱり牛丼です。
食べ終わってから、ブログ用の写真を撮るのを忘れたことに気づきました(笑)

・松屋 堺東銀座街店
・住所:堺市堺区中瓦町2丁2−9

 

●驚いたこと

牛丼を食べることは、決めていたのですが・・・食券機に表示された価格を見て、ビックリしました。

な~んと、牛丼の並盛290円でした。
350円ぐらいと思っていたのですがΣ(・□・;)

それでもって、安いので、肉が少ないかな?と思っていたのですが、また驚かされました。

めっちゃ、肉多いやん!
思っていた以上に肉が多くて、嬉しくてビックリしました♪

もちろん、美味しく頂きました。

●牛丼と景気

私の感覚では、飲食の中でも、牛丼屋は、男性客が7~8割で、内訳は労働者世代、学生が多いです。

牛丼の価格と景気は、非常に関係が深いと言われてます。

私が高校生だった時代(1990年代前半)の「吉野家」の牛丼の並盛が、450円だったと記憶しております。

●マーケティングから見ますと

牛丼チェーンの「吉野家」も「松屋」も、メインのターゲット層は、学生~労働者世代の男性と思われます。

労働者世代の男性が、ランチや夕食を安く抑えたいと思っているので、店側も企業努力で、頑張って対応されているのでしょう。」

●コロナ禍が終焉してからが、本当の不景気の始まり

2021年4月現在、コロナ禍が終息していないため、大阪では、営業自粛をして補償金を受けている飲食店や、コロナ関連融資で、しのいでいる会社も多いと思いますが、

本当の不景気は、コロナ禍が終息してから、襲ってくると思います。

コロナ禍が終息してから、さらに景気が悪くなると思っている理由としましては、今現在、飲食店にのみ支給されている時短協力金が無くなること、

またコロナ禍によって行われたコロナ関連融資の返済が、返済猶予期間が終わって、返済が本格的に始まることなどが原因です。

国内観光、ホテル、百貨店などの国内需要は、コロナ禍の終息で復活すると思いますが、「民泊」「飲食(夜のお酒がメイン)」は、当分、厳しいと思います。

●そもそも

そもそも、日本人が宿泊を躊躇するような「民泊」に関しては、いくら価格を下げたからと言って、日本人が宿泊しないと思います。

(設備、セキュリティは二の次。とにかく安く旅行したいと思っている外国人旅行者が、いないと成立しないビジネスです)

●かなりイケてるテイクアウトが急増

「正味の飲食店」で言えば、夜のお酒がメインの飲食店が、コロナが終息しても、復活が難しく感じます。

ウーバーイーツ、中華料理店のテイクアウト、すし屋のテイクアウト、百貨店の総菜などは、コロナ禍によって、以前より、パワーアップしてます。

時代は常に変わってます。まさに諸行無常です。

それでは、また!
今後とも宜しくお願い致します。

▼ブログリンク▼

→土筆んぼう・つくしんぼうの堺東店が閉店しました【大阪・堺東】(2020年12月)

 

◆任意売却実務リンク◆
 
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク1▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク2▼

 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します』

 

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

 

 

関連記事