1. HOME
  2. ブログ
  3. 業務外・ブログ 全投稿
  4. あきれたガースー、また緊急事態宣言?【関西 大阪】

BLOG 

ブログ一覧

業務外・ブログ 全投稿

あきれたガースー、また緊急事態宣言?【関西 大阪】

おはようございます。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

2021年4月12日、大阪府の吉村府知事は、来週になっても、コロナ陽性者が減らない場合は、「緊急事態宣言」を要請せざる得ないとの考えをしめしました。(MBSニュース引用、2021年4月12日)

●無限ループやろ

まだするの!吉村のオッサン、これは、失敬、失敬!吉村府知事!

①コロナ対策を緩和→ コロナ陽性者が増える

緊急事態宣言を出す → コロナ陽性者が減る

いつまで、やるんや!この「無限ループ」を!

コロナで病気になったり、亡くなったりする方よりも、コロナ対策の「緊急事態宣言」による「経済的な要因」で、精神的に病んだり、自殺したりする方の方が、増えるような気がします

極論を言いますと、今現在、コロナ患者をゼロにすることは不可能ですし、それを求めるのは無理です。

マスクで不十分なら、ヘルメットで外出すれば、完璧かもです(笑)!

一人の命は、地球より重い(?_?)

人間一人の命が、地球より重いワケがないです。それは、人間の驕り、傲慢です(笑)

●そもそもですが

そもそもですが、医療現場の病床が、ひっぱくしているのであれば、「緊急時」に国や行政の権限を強くする、もし要請を断った場合、保険診療におけるペナルティーをつける等々は、

国会で法律を通せば可能なことなのに、いつまでも、一般国民の生活に制限を加えていることに関しては、菅総理に問題があります。

●そんなに、足りていないのであれば

そんなに、病院や、看護師、医師が足りていないのであれば、政策として、看護師、医師の数をもっと増やして欲しいです。

医療関係団体側が、看護師、医師の数を増やすことに反対したとしても、コロナ禍での医療崩壊と同じことが、今後、発生しないように、政策として、看護師、医師の数をもっと増やすべきです。

●自治体の判断で

コロナ禍の中でも、自治体の判断で、行事を開催しているケースもあるそうです。

 

さすが「岸和田のだんじり」と思う反面、個人的には、たとえ外であろうと、今は、大勢の「人ごみ」に入りたくないです。

●ホンネで言いますと

本音でいいますと、「飲食店」に「時短要請」しているにも関わらず、「性風俗店」が通常営業していることが、笑えます。

個人的には、国民生活に制限を課すのではなく、コロナ受け入れ病院の病床を増やすことで、目の前の問題を解決して欲しいです。

吉村知事や小池都知事の国への「緊急事態宣言」の要請は、段々、政治的なパフォーマンスに見えてきました。

 

◆ブログリンク◆

 

◆任意売却実務リンク◆
 
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク1▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク2▼

 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します』

 

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

関連記事