1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ・全投稿
  4. 住宅ローンやサラ金よりも怖いのは【税金の滞納】です。

BLOG 

ブログ一覧

ブログ・全投稿

住宅ローンやサラ金よりも怖いのは【税金の滞納】です。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★

税金の滞納の怖さは、過去にブログや動画で何度も書いていますが、再度、解りやすくブログを書きます。

動画も作成しておりますので、是非、ご参照下さいませ。
↓ ↓ ↓ ↓

●免責されず、一生つきまとう債権

住宅ローンやサラ金を滞納すれば、ご自宅を競売にかけられることは、誰でも知っているので警戒してますが、

固定資産税等の税金の滞納に関しては、住宅ローンやサラ金などの民間の債権者よりも対応が【ゆるい】イメージですが…

住宅ローンやサラ金などの民間の債権と固定資産税などの税金は、本当はどちらが怖いのでしょうか?

圧倒的に、固定資産税などの税金の方が怖いです。

▼質問:どうして、住宅ローンやサラ金などの民間の債権よりも、固定資産税などの税金の債権の方が怖いのでしょうか?

▶回答:最悪のケースとして、住宅ローンを払えなくなり、強制競売になったり、任意売却をしたと想定します。

解りやすくするために、競売や任意売却後に住宅ローン等の債権が、仮に2,000万円残ったとします。

その競売や任売却後の住宅ローン等の残債務の2,000万につきましては、他に不動産などの大きな資産を所有されていなければ、基本的には減額交渉が可能です。

詳しくは、下記のブログで解説してます。


競売や任意売却後、住宅ローン等の民間の債権は減額交渉が可能であるのに対して、固定資産税等の税金は減額交渉が出来ません。

固定資産税等の税金は、減額交渉が出来ないだけでなく、自己破産や民事再生(個人再生)などの法的整理においても免責されません。

※一番の重要ポイント

住宅ローン等の民間の債権は、自己破産や民事再生(個人再生)などの法的整理において、免責の対象になるが、固定資産税等の税金の債権は、免責の対象になりません。

税金が免責されないということは、税金は払い終えるまで一生つきまといます。再出発をしている売主様にとって税金の滞納は非常に怖い債権です

▼豆知識▼

大阪の市役所等の税金の滞納の延滞金は、市役所によって違いますが、約9%~14%のところが多いです。
(滞納が一定額を超えると、非常に難儀な債権になります)

自己破産の免責が許可されるのにかかる期間は、約3~4ヵ月です。

※住宅ローンと税金の滞納のどちらを払うかを迷った場合、下記の動画もご参照下さいませ。
↓ ↓ ↓ ↓

 

→本当は怖い税金の滞納(アメブロ)

◆任意売却実務リンク◆

 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク1▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク2▼

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

大阪府堺市出身町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

関連記事