1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ・全投稿
  4. 大阪の民泊は、やっぱり犯罪の温床になりつつあります【大阪 民泊】

BLOG 

ブログ一覧

ブログ・全投稿

大阪の民泊は、やっぱり犯罪の温床になりつつあります【大阪 民泊】

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

▼2021/12/28 13:22 産経WEST・引用▼

大阪市阿倍野区の路上で10月、大阪府警東成署が証拠品として運んでいた車両から荷物が強奪された事件で、府警は28日、強盗容疑で住所不定の無職、辻充宏容疑者(49)を逮捕した。

すでに、主犯として指名手配していた崔浩司容疑者(48)と大森由嗣容疑者(49)、仲間とみられる犬塚誠容疑者(43)の3人を逮捕しており、これで襲撃に関わった全員の身柄が確保された。

逮捕容疑は共謀し10月21日、東成署が窃盗事件に使われたとみられる証拠車両をレッカー車で牽引(けんいん)中、先導するパトカーとの間に辻容疑者の車を割り込ませ、レッカー車を減速させた。

直後に大森容疑者運転の車から崔容疑者が降り、証拠車両の荷物を強奪したなどとしている

犬塚容疑者も別の車でレッカー車後方に割り込み、後続の捜査車両などに衝突しながら逃走した疑いがある

防犯カメラの捜査などから当時、辻、犬塚両容疑者が滞在していたとみられる大阪市港区民泊を出発し、阿倍野区の現場に向かう姿が確認され、この途中で携帯電話で崔容疑者らとやり取りする通話履歴も残っていた。

事件後も4人は浪速区民泊で合流していたという。

▲2021/12/28 13:22 産経WEST・引用終了▲
https://www.sankei.com/article/20211228-BQ4DFPM6ANPYXOMYWPMODMHISA/

大阪の民泊完全に犯罪の温床になっているように感じます

バブル崩壊後の1990年後半には、大阪の某エリアのワンルームマンションが、マンション・ヘルス(いわゆる【マンヘル】)という風俗産業のメッカになっていました。

バブル崩壊後、資金繰りに困ったワンルールマンションの所有者が相手を選ばずに部屋を貸したことが発端と思われます。

2020年から始まった【コロナショック】では、資金繰りに困った民泊オーナーが相手を選ばずに貸せば自然と犯罪の温床に繋がることが容易に想像できます。

建物のセキュリティや設備が非常に貧弱ですが、とにかく安く宿泊できるのが、一般的な民泊です。

警察・公安の方に提案ですが、犯罪が起きた建物名、住所、民泊名等々を公開されてはいかがですか

建物名、住所等が公開されれば、家主・オーナー側は相手を選ばずに貸すことも少なるなると思います。

また犯罪が発生した建物の新規の運用が難しくなるので家主・オーナー側は自然と運用に気を遣うようになることでしょう!

民泊投資をお考え中の方は、2025年以降にすべきだと思います。ヘタすると2030年ぐらいまで、民泊投資を控えるべきと思っております。

民泊は大火傷しますよ!ご用心!

◆任意売却実務リンク◆
 
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク1▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク2▼

 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

大阪府堺市出身町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

関連記事