1. HOME
  2. お知らせ
  3. 民泊の投げ売りが、始まってます【大阪 京都】

NEWS

お知らせ

お知らせ

民泊の投げ売りが、始まってます【大阪 京都】

おはようございます。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

 

▼任意売却リンク▼
⇒任意売却の事例

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

大阪、京都で
【民泊】の投げ売りが、始ってます。

先日、弊社の提携業者に、
民泊の買取依頼があったのですが・・・

◆民泊所有者
『この民泊は、
改装費に6,000万円かけました』

■提携業者
 
『買取金額は、1,000万です。
理由は、現状の収益が上がっていないからです』

そもそも、
収益の上がっていない【収益不動産】は、
収益不動産と言いません。

正確には、
収益負動産です!

投資家の方へ、
2025年ぐらいまでは、
民泊への投資を控えましょう!

大やけどを負う可能性が、非常に高いです。

私、個人的には、
コロナショックからの復活には、
約10年ぐらい掛かると思っています。

 

↑のような事件を見ますと、
【民泊所有者も相手を選ばずに貸す】という状況に
なっている可能性も考えられます。

バブル崩壊後の
1990年代後半には、

【マンションヘルス】、
通称【マンヘル】という風俗の業態が、誕生しました。

【マンヘル】が誕生したのは、

バブル崩壊後、
支払いに困った1棟マンションの所有者が、
相手を選ばずに貸したのが、
原因の一部です。

今後、
【民泊】も犯罪の温床にならないか(?)、心配です。

アメリカの超有名な投資ファンドが、
下記の内容を
有料会員向けの記事で発表されたそうです。
↓ ↓ ↓
かつて、日本が経験した、
失われた10年を世界中で経験することになります

↑の内容は、
世界経済に影響を与えている
大物たちの本音でしょうね!

資金を損するだけでなく、
色々な【やっかい事】に巻き込まれる可能性もあるため、
少なくとも、ここ5年ほど・・・
2025年ぐらいまでは、
民泊物件の購入をしないほうが、賢明です。

 

▼参考リンク

⇒離婚した元嫁が、連帯保証人のケース

⇒任意売却連帯保証人はブラックになるの?

債権回収会社から、ダイレクトメールが来た!


⇒任意売却の住宅ローンの残債①
⇒任意売却の住宅ローンの残債②

⇒最速の復活法

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

設立  平成23年3月
宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(2)第55725号
所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会
ホライズン インベストメント
代表 村角 壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、
不動産総合クリニックを目指します』

 

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

最新記事