1. HOME
  2. お知らせ
  3. 食中毒事件と人間の第六感【堺】

NEWS

お知らせ

SNS更新情報法

食中毒事件と人間の第六感【堺】

おはようございます。

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

えびす集団食中毒事件 思い届かず近づく10年 遺族語る

富山県などで5人が死亡、約180人が発症した「焼肉酒家えびす」の生肉集団食中毒事件は、最初の感染者が発覚してから27日で10年を迎える。運営会社の元社長らは不起訴となり刑事責任を問われず、被害者への賠償金の支払いは一部にとどまる。直接の謝罪は一度もないのが現状だ。

最愛の家族を失った遺族がやりきれない思いを語った。

「5人も亡くなっているのに誰が責任をとるのかうやむやで、当事者が誰も謝りに来ない。信じられない」と不満を漏らした。

2011年4月23日。長女の誕生日を祝うため、家族5人で同市の砺波店へ行きユッケを食べた。妻由佳さん=当時(43)=と義母美智子さん=同(70)=を亡くし、長女と長男も一時意識不明となった。

引用元:2021年4月25日 ヤフーニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/8cccb3b31d72f062c8ad52842d5dfa0019935c04

●「焼肉酒家えびす」の食中毒で、5人も亡くなっていたとは…

2011年4月「焼肉酒家えびす」の食中毒事件から、もう10年も経つのですね。

その前後には、老舗飲食店の食品使いまわしが問題になりましたが、今から思えば「老舗飲食店の食品使いまわし」は、食中毒を出していないのにも関わらず、凄いテレビで取り上げられていましたね!

●ヒトが亡くなるほどの食中毒って、どんな衛生管理をしていたのでしょうか!

焼肉酒家えびす」に関しては、どのような衛生管理をしていたのでしょうか?

お亡くなりになった方、ご遺族は本当に、悔やんでも悔やみきれないと思います。

●そう言えば

焼肉屋の「レバー」を焼かずに食べる(正確には、しゃぶしゃぶのごとく、一瞬だけあぶって食べていた)学生時代からの友人が、いたのですが、食中毒になったとは、聞いたことがないので、恐らく、食中毒にはなっていないと思います。

その友人いわく、菌は表面に付くので、「あぶる」だけで大丈夫と言っていたのですが・・・(その友人は、おそらく、何の根拠も無くテキトーに言っているのだと思います

その友人は、数週間前に連絡を取ったので、間違いなく、元気で生きてます。

多数派と同じ行動をしていれば安心感はありますが、自分自身を守るためには、自分自身の感覚や、第六感も必要だと思います。

 
◆任意売却実務リンク◆
 
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク▼

 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口】
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角 壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

『大阪府堺市出身。町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します』

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

最新記事