1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ・全投稿
  4. 円安ドル高・1ドル=200円時代の本音!【ガソリン代、電気代】

BLOG 

ブログ一覧

ブログ・全投稿

円安ドル高・1ドル=200円時代の本音!【ガソリン代、電気代】

不動産、任意売却、
住宅ローンコンサルタント、
ホライズンインベストメントのMURAです。

★☆★☆★☆★☆★☆★

▼引用▼東洋経済オンライン

ヘイマン・キャピタル・マネジメントの創業者カイル・バス氏は日本銀行の政策に関する一連のツイートで、ドル・円が「150円、180円、200円以上になる可能性がある」と指摘し、「厳格なイールドカーブコントロール(YCC、長短金利操作)がそうした事態の発生を余儀なくする」と説明した。

バス氏は「日銀への信頼が日々、損なわれている」とし、「円相場の秩序を欠いた動きは制御への信頼感を損なう」と論評。いったん信頼が失われれば「日本は経済的大惨事に見舞われ、世界の他の通貨にも多大な連鎖反応があるだろう」との見方を示した。

▲引用終了▲https://toyokeizai.net/articles/-/586480?utm_source=Twitter&utm_medium=social&utm_campaign=auto3h
→東洋経済オンライン

●行き過ぎた円安政策

2013年3月に日本銀行の総裁に就任した黒田東彦(くろだ はるひこ)さんの【黒田バズーカ】と言われる【金融緩和政策】ですが、2022年5月現在では大失敗になっております。

デフレ脱却のためのカンフル剤で【黒田バズーカ】と言われる金融緩和を行ったのですが、その金融緩和政策も2018年以降は効果が無くなり、円安による輸入品の値上がりで国民生活を苦しめてます。

日銀・黒田総裁の任期は、2023年4月ですが任期前に辞めて欲しいですね。

リフレ派と言われる金融緩和政策を推し進めているヒトは、今の円安で国民生活が苦しくなっているにもかかわらず、『もっと金融緩和を進めるべきだ』と言ってます。

ガソリン、電気代、ガス代、生活必需品の値上がりにも関わらず、金融緩和を進めるのは、もはや異常で病的と感じます。おそらく、円安で儲かる会社、例えば大手保険会社や輸出系グローバル企業等々から、何だかのスポンサードを受けていると推測します

※2022年5月7日現在の為替レート

1ドル=130円
1ドル=1,270ウォン

ついにドル・ウォンのレートが1,270ウォンになりました。ドル・ウォン・レートの危険水域である1,200ウォンを、軽く突破してます。韓国のデフォルト危機が見えてきました。
対岸の火事であることを期待します

韓国映画【国家が破産する日】が、韓国で現実になりつつあります。

●1ドル=200円時代到来?

本当に1ドル=180円や200円になったら、電気代、ガス代、ガソリン代はどうなるのでしょうか?

考えるだけど、ぞ~とします。背に腹は変えられません、やはり原発再稼働ですね!

●ツイッターまとめ

●竹中平蔵さんが、円安について解説されてます
↓ ↓ ↓ ↓

▼ブログリンク▼

→月月火水木金金

◆任意売却実務リンク◆

 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

▼任意売却リンク1▼
⇒任意売却の事例

⇒住み続ける方法・リースバック

⇒よくある質問①

⇒本当は怖い税金の滞納

▼任意売却・参考リンク2▼

 

◆ホームページ
◆任意売却事例サイト
◆アメブロ
◆動画
◆ツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆事業内容  管財物件取扱業務、不動産投資業務  

◆【不動産の任意売却に関する相談窓口
事務所 大阪府堺市堺区戎島町2-30
電話 072-242-7465

◆設立  平成23年3月
◆宅地建物取引業 免許番号 
大阪府知事(3)第55725号
◆所属 社団法人 大阪府宅地建物取引業協会

ホライズン インベストメント
代表 村角壮士 (むらずみ まさし)
宅地建物取引士

大阪府堺市出身町のお医者さんのような、不動産総合クリニックを目指します

→個人的なブログ(職業感について)
→個人的なブログ(1)
→個人的なブログ(2)
→個人的なブログ(3)

◆リンク先◆
↓ ↓ ↓ ↓
会社概要

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

関連記事